料理・レシピ・グルメに関するネタやニュースをメインとした2chまとめです。

    料理・レシピ・グルメに関するネタやニュースをメインとした2chまとめです。

    2016年02月

    1: トラースキック(北海道)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 07:06:12.37 ID:sBTz0iJw0.net BE:882533725-PLT(14141) ポイント特典

    「セコマ」に商号変更
    2016年02月26日

     ◆コンビニ店名はそのまま

     セイコーマート(札幌市)は25日、4月1日付で商号を「セコマ」に変更し、新たな企業ロゴ=写真=に変えると発表した。コンビニエンスストアのチェーン名は変更しない。

     「セイコーマート」の商号は、同社の展開するコンビニのチェーン名と同じで、1974年6月の会社設立時から使われている。中核のコンビニ事業に加え、食品製造事業と物流事業の拡大を図るため、異なる商号に変更することを決めたという。

     「セコマ」は、一部のセイコーマート利用者の間で使われる同店の愛称。同社広報室は「以前から商号変更は検討していた。店舗は今まで通りセイコーマートなので変わらず利用してほしい」としている。

    no title


    http://www.yomiuri.co.jp/hokkaido/news/20160226-OYTNT50025.html

    【セイコーマート、商号を「セコマ」に変更…セコマは一部利用者の間で使われる愛称。】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/02/02(火) 16:40:38.84 ID:CAP_USER.net
    http://ascii.jp/elem/000/001/113/1113069/

    no title


     クラシエフーズは、「ねるねるねるねアイス」を2月29日に全国で発売する。予想実売価格は140円前後。

     「今年発売30周年を迎える「ねるねるねるね」をアイスへと展開した製品。「ブドウ味」と「メロン味」の2種類をラインナップする。
     ブドウ味は「いちご味」「りんご味」「ソーダ味」、メロン味は「バニラ味」「レモン味」「ソーダ味」の3つの味のアイスに分かれている。
    それらを合わせて練ると色が変わり、それぞれの味に変化していく。さらにスプーンで持ち上げると、長?くのびるという。
     ブドウ味には「カラフルラムネ」、メロン味には「はじけるキャンディ」をトッピングしている。
    また、ねるねるねるねシリーズの伝統にのっとり、合成着色料、保存料を使用していない。

     やっぱり魔女のコスプレをして食べる人がネットにあらわれるのだろうか。そしてCMにはあのおばさんが
    出演がするのだろうか。味に関係ない想像もふくらんでしまうが、ともかく発売が楽しみだ。

    【【明日発売!】クラシエ、「ねるねるねるねアイス」を発売 練れば練るほど色が変わる】の続きを読む

    title01
    1: 海江田三郎 ★ 2016/02/14(日) 23:01:34.58 ID:CAP_USER.net
    http://jp.mondelezinternational.com/Newsroom/2016-Press-Releases/160212

    モンデリーズ・ジャパン株式会社(本社:東京都品川区 / 代表取締役社長:リアン・カッツ、
    以下「モンデリーズ・ジャパン」)は、モンデリーズ・インターナショナル・インク(以下「モンデリーズ・インターナショナル」)
    とヤマザキ・ナビスコ株式会社(以下「ヤマザキナビスコ」)とのナビスコ製品におけるライセンス契約終了に伴い、
    モンデリーズ・インターナショナルがグローバル展開している主力ブランド「オレオ」、「リッツ」、
    「プレミアム」を、2016年9月より国内で販売開始いたします。

    モンデリーズ・ジャパン 代表取締役専務 辺 丙三(ほとり へいぞう)は次のように述べています。
    「過去45年以上に渡って、ヤマザキナビスコは『オレオ』、『リッツ』、『プレミアム』などのナビスコ
    製品の製造・販売を行ってきており、ブランド認知への多大な貢献をしてきてくださったことに大変感謝しております。
    今後は、モンデリーズ・インターナショナルのネットワークにおける知識と経験や、製品開発力、
    品質面の強みなどを生かし、『オレオ』、『リッツ』、『プレミアム』など、世界で愛される私たちのブランドの更なる浸透・拡大を目指します。」

    モンデリーズ・ジャパンは、日本では1960年から事業をスタートし、
    現在は「クロレッツ」、「リカルデント」、「ストライド」、「キシリクリスタル」、
    「ホールズ」といったガムおよびキャンディ製品の製造・販売を行っています。

    ◆モンデリーズ・ジャパン株式会社について
    モンデリーズ・ジャパン株式会社は、世界165カ国で親しまれるお菓子会社であるモンデリーズ・インターナショナル・インクの一員です。
    1960年に事業をスタートし、半世紀以上に渡り、日本市場に照準を合わせた、革新的な製品開発力、
    優れたマーケティングで、日本の市場で愛されるブランドを送りだしてきました。
    ガムでは「クロレッツ」、「リカルデント」、「ストライド」、キャンディでは「キシリクリスタル」、
    「ホールズ」といったブランドが日本の消費者の皆様に親しまれています。www.mondelezjapan.com

    ◆モンデリーズ・インターナショナル・インクについて
    モンデリーズ・インターナショナル・インクは、スナックのグローバルパワーハウス企業であり、
    2015 年の売上高は300億米ドル以上を達成しています。世界165カ国の人々に“おいしい喜びのひととき”を提供している
    ビスケット、チョコレート、ガム、キャンディ、粉末飲料において世界トップクラスのメーカーです。
    ビスケットの「オレオ」「ルー・ビスケット」「ナビスコ」、チョコレートの「キャドバリー」「キャドバリーデイリーミルク」「ミルカ」、ガ
    ムの「トライデント」、粉末ジュースの「タング」など10億米ドル規模の売上を誇るブランドを有しています。
    モンデリーズ・インターナショナル・インクはStandard & Poor's 500、NASDAQ 100、Dow Jones Sustainability Index.の構成銘柄に
    選定されています。モンデリーズ・インターナショナル・インクに関する詳しい情報は、www.mondelezinternational.com(英語)をご覧いただくか、
    「ツイッターwww.twitter.com/MDLZ(英語)をフォローしてください。

    【【朗報】モンデリーズ・ジャパン、2016年9月から「オレオ」、「リッツ」」の国内販売開始】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/02/01(月) 13:21:49.01 ID:CAP_USER.net
    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20160121_739940.html
    no title

    no title


    no title


     マツダのモノ造りの神髄を結集したというAll-New Egg Boiler「MAZDA EX-7」。写真を見ていただければ分かるように「ゆで卵器」だ。

     但し、ただのゆで卵器ではなく、マツダがクルマに求める「際立つデザイン/考え抜かれた機能/意のままの走り」
    をEgg Boilerに追求したものだという。このEX-7の持つ魅力は以下の3項目が挙げられている。
    ・無駄をそぎ落とし、品格を持ちながら金属の持つ艶めきを生かしたデザイン
    ・簡単に、美しく(黄身が中央になり、しかも殻が剥き易い)ゆで上がる機能
    ・少量の水で環境にも優しい商品

     このMAZDA EX-7は、一部関係者のみに配られたものだが、今のマツダのもの作りの姿勢が現われている製品ともいえ、
    ここに使用感とともに紹介していこう。

     基本的なアイディアは、スカイアクティブ技術開発を行なったことで知られるマツダ 代表取締役会長 金井誠太氏によるもので、
    それをマツダのスタッフが製品としてまとめあげた。以下に、パンフレットに書かれたその思いを掲載する。

    デザイン 執行役員デザイン本部長 前田育男氏
    「美しいものでなければ、人の心を打つことはできない。 情熱を込めて作られたものでなければ、
    感動を呼ぶことはできない。 人間の手が生み出すさまざまな形をまとって、 我々のクルマたちは、単なる『道具』であることを超える。」
    クルマ造りで掲げているこのマツダデザインの志と同じ想いで、 「MAZDA EX-7」をデザインしました。

    金型鋳造による精緻で美しい素材感と、不要な要素を省きシンプルに 研ぎ澄まされたカタチにより、金属パーツが持つ緊張感のある美しさを
    表現しつつ、手に触れる取手部には柔らかでダイナミックな造形を与え、 凜とした佇まいの中にも動きと温もりを感じさせるデザインとしました。
    この作品を通じて、皆様の暮らしがより活性化することを願っています。

    製造 常務執行役員本社工場長 園山雅俊氏
    マツダの歴史は、ロータリーエンジン、SKYACTIV技術、ものづくり革新
    に傾けた情熱と、独創的な挑戦の歴史でもあります。 私たちは常に、お客様の感動のために自分たちは何ができるのかを考え、
    自分たちが描くものづくりの理想に向かって情熱を注ぎ、 「飽くなき挑戦」をし続けてきました。

    こうした挑戦心、挑戦することを楽しむ心が、マツダの企業文化には備わっています。マツダで働く全員が、お客様に感動を提供するために、剣の道
    を極めるがごとく、一人一人そしてチーム全員の挑戦を一つの“道(どう)” として極め続け、マツダらしいブランド価値を更に高めて行く。
    この想いを「MAZDA EX-7」に織り込み、お客様に感動して頂けるものに造り込みました。

    製作に当たっては本社工場の技能を結集し、マイスター・現代の名工・黄
    綬褒章叙勲者たちが自らの「匠」の技能を結集し、アルミ鋳肌の最高傑作となっています。
    また、アルミの鋳込みは、SKYACTIVの生産工程で行っています。

    是非、私たち「造り手」の情熱を感じ取ってください。

    販売・マーケティング 常務執行役員 毛籠勝弘氏
    「便利な卵ゆで器を考えたので、技術トレーニングやマツダならではの用品に活用できないか」
    と、金井会長が自ら描いた設計図と針金で作った試作品を持ちかけられてから半年。
    デザイン・本社工場の役員が、これは面白そうだとこだわり抜いて「MAZDA EX-7」を作り上げました。

    際立つデザイン・考え抜かれた機能・使いやすさは、マツダブランドの商品特性そのもので、「MAZDA EX-7」には、まさにマツダのモノ造りの
    精神、技術が詰め込まれています。この商品を通じて日常の生活シーンでも「マツダ」のモノ造りを感じてい
    ただき、皆様の生活に、小さなわくわくが加わればとてもうれしく思います。思わせぶりなネーミングですが。

    【マツダ、モノ造りの神髄を結集した「ゆで卵器」を開発】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/02/10(水) 15:26:15.45 ID:CAP_USER.net
    http://gigazine.net/news/20160208-mcdonald-fat-salad/
    no title


    ファストフードの代名詞的存在であるマクドナルドは、日本だけでなく世界各国でメニューを常時入れ替えていますが、
    北米では高まる健康志向を背景に「サラダ」メニューを強化しています。しかし、マクドナルドのサラダはまったくもって
    健康的でないことが、成分表から明らかになっています。

    McDonald's New Kale Salad Has More Fat, Calories Than a Big Mac | NBC Connecticut
    http://www.nbcconnecticut.com/entertainment/the-scene/McDonalds-New-Kale-Salad-Does-More-Damage-Than-Big-Mac-367832631.html

    客の健康志向に合わせるように、サラダのサイドメニューを充実させようと試みるマクドナルドは、
    北米の店舗で新しいサラダボウルの提供を開始しました。この新しいサラダ「Caesar Salad」は、
    「あまりにも美味し過ぎて、落ち着くことはできないかもしれない」という触れ込みで、基本となるシーザーサラダにさまざまな
    トッピングを追加できる商品になっています。

    しかし、Caesar Saladの美味しさ以上に驚くべきなのは、そのカロリー。基本的なCaesar Saladは150Kcalなのですが、
    チキンやベーコンを加えていくとあれよあれよとカロリーが上がり、520Kcalに到達。なお、ドレッシングを加味すると
    最終的には720Kcalにまで跳ね上がるとのこと。

    さらに、他の主要メニューと比較してみると、Bacon McDouble Sandwich(ベーコンサンドイッチ)は420Kcal、
    10ピース入りのChicken Nugget(チキンナゲット)が460Kcal、Big Mac(ビッグマック)でさえ520Kcalなので、
    Caesar Saladはトッピング入りではまったく健康的でもなんでもないことが判明。なお、Caesar Saladは、
    脂肪、塩分、コレステロールなどの健康指標に関わる栄養成分についても他のメニューを上回る数値になっています。
    健康に気をつけて、「今日はサラダにしておこう」という人が、Caesar Saladにチキンとベーコンも追加する
    とビッグマックを食べるよりもはるかに多くのカロリー、塩分、脂肪などを摂取してしまうという現象に、
    健康志向メニューとしては「本末転倒である」とツッコミが入れられています。

    【マクドナルドのサラダはビッグマックよりも高カロリー・高塩分・高脂肪で健康志向とは相容れないと判明】の続きを読む

    images (1)
    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/25(月) 01:56:23.075 ID:S71J9U5V0.net
    めっちゃ甘い香りで吐きそう
    2.4キロある・・・オワタ

    【ココナッツオイルをただの健康的な油と思って買ったかけど】の続きを読む

    このページのトップヘ