料理・レシピ・グルメに関するネタやニュースをメインとした2chまとめです。

    料理・レシピ・グルメに関するネタやニュースをメインとした2chまとめです。

    2015年08月

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/23(日) 15:59:37.117 ID:HNFnCRiH0.net
    1211_harigane_takanatonkotsu_topic
    あんなもん美味くないのにwwwwwwwwwwwwwwwwww

    【ラーメンの面の硬さでハリガネやバリカタを注文する奴って馬鹿だろwwwwwwww】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/08/24(月) 17:14:23.91 ID:???.net
    img_0 (1)
    http://mag.executive.itmedia.co.jp/executive/articles/1508/24/news061.html
     流通最大手のイオンがプライベートブランド(PB=自主企画商品)「トップバリュ」の改革を急いでいる。これまではPBの基本となる「安さ」に重点を置いた
    商品を展開してきたが、PBにも「高品質」や「おいしさ」を重視するように変化した消費者のニーズに十分対応しきれておらず、
    高付加価値型のPBで先行するライバル、セブン&アイ・ホールディングス(HD)に後れを取ってきた。イオンは当面、
    鮮度にこだわった刺し身や牛肉などを切れ目なく売り出し、顧客に品質の変化を実感してもらい、ライバルの追い上げを図る構えだ。

     「お客さまの(ニーズの)変化に十分対応することができず、全部が問題だった」。イオンの総合スーパー(GMS)
    事業を担うイオンリテールの岡崎双一社長は7月8日、東京都内での会見で反省の弁を述べた。
     イオンは、昨年4月の消費税増税に伴って消費者が節約志向を強め、価格を重視した消費行動を取ると想定。
    メーカー品よりも価格が1、2割安いトップバリュをそろえて顧客を取り込もうとしたが、どの店でもトップバリュの商品ばかりが目立つ売り場となった結果、
    「買い物をする楽しみに乏しい」(千葉県内の60代の主婦)といった来店客の不評を買った。
     客足は遠のき、GMSを展開するイオンリテールの15年2月期の既存店客数は前期比で4%弱減り、連結営業利益は90.8%減の25億円と激減した。

    生本マグロに自信
     増税の影響を見越した戦略が、結果に結びつかなかった反省もあり、今年度はPBの魅力改善を具体化する商品を矢継ぎ早に投入している。
     その象徴が、6月にトップバリュの一つとして売り出した「奄美生まれ生本マグロ」だ。品質や価格で天然物のマグロに引けを取らない
    商品として自信を持っており、イオンリテールの土谷美津子取締役は「築地の仲卸しや料理店の方など、プロに太鼓判を押してもらった味です」と胸を張る。
     一つの商品だけでは改革が実を結ぶわけでは当然なく、2の矢、3の矢と魅力ある商品を次々と提供しなければ顧客は変化を実感できない。
    このため今春以降、「ギリシャヨーグルト」や「五島塩のローストビーフ/ローストポーク」といった付加価値を高めたトップバリュの新商品を続々投入してきた。

     今月6日には、環境配慮の認証を受けたノルウェーの施設が養殖したサーモンのPB品「グリーンアイ 生アトランティックサーモン」
    の取り扱い店を、従来の約400店舗からグループ約1200店舗に広げた。
     オランダに本部を置くNPO、水産養殖管理協議会(ASC)の認証表示がある刺し身や切り身として販売。
    ASC認証は稚魚の乱獲や水質汚染、劣悪な労働条件などを防いでいる養殖施設に与えられる。
    「認知度はまだ低いが(ASC表示のある商品は)今後伸びるはずだ」(土谷氏)と期待する。
     イオンは今秋以降も、継続的に高付加価値型のPB商品を売り出し、変革を強くアピールしたい考えだ。

     一方で、既存の加工品のトップバリュ商品も対象に、大規模なスクラップ&ビルドを進める。
    トップシェアを持つナショナルブランド(NB)商品に近い高品質で開発した既存品も含め、
    リニューアルしても販売目標に届かないと判断した場合は販売を取りやめる方針だ。厳しい基準で見直した結果、
    相当の数のトップバリュ商品が今年度中に姿を消す可能性もある。
    「GMS改革はまだ道半ば」(イオンの岡田元也社長)と認めるように、遅ればせながらもイオンが攻守両面でPB改革を進める間に、
    ライバルのセブン&アイは先を行っている。
     地域ごとに異なる食文化などに合わせて「ご当地」の味付けのメニューを売り出したり、売れている商品でも絶えず味の改良を重ね、
    価格以上の価値を生み出すのに余念がない。それによって既存顧客のリピートを増やしながら、新たな顧客の開拓にもつなげている。
     セブン&アイの鈴木敏文会長兼最高経営責任者(CEO)は「安かろう、まずかろうでは今は売れない。質の追求でPBに革命を起こした」と語り、
    他社との絶対的な差異化をセブンは図ることができたと自負する。

     改革に向けたイオンの取り組みは、トップバリュの中長期的な方向性を描き切れていないなど物足りなさも残す。
    ライバルもあの手この手を繰り出す中で、消費者の足を自らの店舗に向かわせるには、徹底した顧客目線への
    転換が欠かせない。イオンのPB改革が成功するかどうかは、消費者に寄り添った商品や売り場づくりをいか
    に早く実現できるかにかかっているといえそうだ。(永田岳彦)

    【イオンがPB「トップバリュ」を改革 不評の「安さ重視」から転換 セブン&アイ追い上げ図る】の続きを読む

    1: エメラルドフロウジョン(四国地方)@\(^o^)/ 2015/08/24(月) 23:34:32.47 ID:Svh46GiM0●.net BE:284465795-PLT(13000) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/anime_jyorujyu01.gif
    ふさふさの長いひげがトレードマークの大食い王、
    アダム・モランさんが1時間でビッグマック25個を完食できるか挑戦しました。
    惜しくも目標の25個には届かなかったものの、結果は17個。世界記録を叩き出したとのことです。
    no title

    no title

    no title

    http://www.bombnews.top/archives/1037833124.html

    【ビックマックを1時間に17個食べた男性、ギネスブックに世界記録として登録される】の続きを読む

    1: 孤高の旅人 ★ 2015/08/24(月) 11:40:08.42 ID:???*.net
    さんま1
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150824-00000026-mai-soci

    <サンマ>お待たせ秋の味覚…気仙沼で本州初の水揚げ
    毎日新聞 8月24日(月)11時24分配信

     宮城県気仙沼市の気仙沼漁港で24日、今季本州初めてのサンマが水揚げされた。昨年、
    4年ぶりにサンマの水揚げ量が本州一に返り咲いたこともあって、魚市場は早朝から活気づいた。

     気仙沼漁協の佐藤亮輔組合長は「いよいよシーズンが始まったなという感じだ。
    今年も安全に操業して、たくさん水揚げしてほしい」と期待を込めた。値段は1キロ当たり
    500~619円とほぼ平年並み。

     一番乗りで約38トンを水揚げした第3太喜丸(長崎県雲仙市、199トン)の漁労長、
    井上太喜さんは「サンマの群れは例年より大きい。今年は気仙沼が水揚げ日本一になるよう
    力を尽くしたい」と話した。ただ、今年はロシア国境警備局の対応が厳しいといい、
    井上さんは「例年と違い、入域出域時に全船がチェックを受けている。終わるまで
    5~6時間待たされることもある」と不安ものぞかせた。

     この日は岩手県大船渡市と宮古市の漁港でもサンマが初水揚げされた。【井田純】

    【<サンマ>お待たせ秋の味覚…気仙沼で本州初の水揚げ】の続きを読む

    1: @Sunset Shimmer ★ 2015/08/17(月) 19:28:49.86 ID:yihTgs29*.net
    ext_large_12

    ことし4月から6月のGDPで個人消費が大幅に落ち込むなか、外食産業では価格が高くても支出をいとわない消費者と、節約志向が強い消費者とに分かれる二極化が見られ、そのはざまで中間の価格帯の店で売り上げが落ち込む現象がみられます。
    外食大手の「ロイヤルホールディングス」では運営する外食チェーンのうち価格帯が高いレストランの「シズラー」で、ことし4月から6月までの売り上げが去年の同じ時期より6.6%増え、価格帯が低い天丼チェーンの「てんや」でも4.3%増加しました。

    これについて、会社では、価格が高くても支出をいとわない消費者と、節約志向が強い消費者とに分かれるいわゆる二極化を反映していて、その傾向は、ことしに入ってから強まっているとしています。

    このうち、「てんや」では、税込みで500円の天丼が好調だということで、子どもと一緒に店を訪れた40代の女性は、「子どもがこれから大きくなりお金がかかるため、ふだんから節約意識は強い。500円の天丼は家計的に助かります」と話していました。

    「てんや」を運営する「テンコーポレーション」の用松靖弘社長は、「アベノミクスの恩恵がまだ全体には行き渡らず、働く世代の実質賃金が上がっていないなか、ランチは節約しようという消費者に応えるワンコインの商品が支持されていると思う」と話しています。

    一方、「ロイヤルホールディングス」の主力チェーンで、価格帯が「シズラー」と「てんや」の中間にある「ロイヤルホスト」では、去年12月以降、毎月の来店客数が前年の実績を下回る状態が続いています。

    その影響で4月から6月までの3か月間の売り上げは、去年の同じ時期に比べて3.7%減少しました。

    このため、平日に提供していたサラダやスープなども付いて割安感のあるメニューを休日にも投入したり、男性客を主なターゲットにボリュームを重視したランチメニューを相次いで投入するなど、てこ入れを進めています。

    「ロイヤルホスト」の佐々木徳久取締役は、「消費者が景気回復をなかなか実感できないなか、お得感のあるメニューを出すなどして、味や品質といった店の良さを分かってもらえるよう工夫していきたい」と話していました。

    (記事の続きや関連情報はリンク先で)
    引用元:NHKニュース http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150817/k10010193391000.html

    【外食産業 消費者の志向は二極化、中間価格帯の店で売り上げが落ち込む現象】の続きを読む

    1: ストマッククロー(京都府)@\(^o^)/ 2015/08/23(日) 20:13:27.65 ID:ZcQMVAvN0.net BE:586999347-PLT(15001) ポイント特典
    20111224164050

     大分名物の鶏肉の天ぷら風料理「とり天」をPRするイベントが22日、JR大分駅前であった。とり天やから揚げなどの鶏料理を扱う12店が並んだ。

     「とり天は、大分で誰もが好きな人気メニュー」と出店者の一人。この日のイベントは、大分市が「とり天をさらに全国区の人気に」と企画した。

     県外ではから揚げと混同されることもあるなど、認知度はいま一歩。担当者は「から揚げは衣がさくさく。とり天はふんわり」と懸命にアピールしていた。
    http://www.asahi.com/articles/ASH8Q6D5DH8QTPJB00R.html

    【大分名物、とり天とから揚げの違いは?】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/27(木) 11:51:04.653 ID:pF/u8umIr.net
    なんだよ六ヶ月浸けたニンニクって

    【【悲報】三分クッキング遂に六ヶ月かかる料理を紹介し始める】の続きを読む

    このページのトップヘ